星のお話

星や宇宙を知りたい人に始めにおすすめする本 「世界でいちばん素敵な宇宙の教科書」

こんにちは、南星( @minamiboshi7 )です。

今まで星の色や光り方、そもそも星ってなに?と思ったことはないですか?

今回は星に関する疑問を教えてくれる本をご紹介します。

星以外にも宇宙についてもかかれています。

星の写真もたくさん載っているので、お子さんと一緒に読んでも面白いと思いますよ。

今回、紹介する本について

・星や宇宙について知りたい人

・星や宇宙の写真が好きな人

・はじめて星に興味をもったお子さん

世界でいちばん素敵な宇宙の教科書

私が星や宇宙について知るために、まずおすすめする本は「世界でいちばん素敵な宇宙の教科書」です。

book star sekaideichiban「世界でいちばん素敵な宇宙の教科書」

教科書と聞くとどうしても学生時代に見てきた、難しくて分厚い教科書を思い出すのですが笑

こちらはA5サイズでカバンにいれてもかさばらない大きさ。
厚さは大人の人差し指の幅と同じくらいですね。

「星はなぜ光るの?」

「(夜の)空に光っているのはなに?」と小さい子に聞かれたことがあります。

わたしが「星っていうものだよ」と答えたら、「なんで光っているの?」と返されました。

さて、あなたはなんて答えますか?

答え1.「星が自分で燃えているからだよ。太陽も明るいでしょ」

答え2.「星は目立ちたがり屋だから、自分を知ってもらいたく光っているんだよ」

答え3.「空が真っ暗だと怖いから、星に住んでいる人が電気をつけているんだよ」


上の
3つはわたしが答えたことのある内容です。(ちょっと無理があるものも笑)

その答えに対して、子どもたちから返ってきた言葉はというと。

答え1.「なんで燃えると光るの?」(物理…)

答え2.「なんで目立ちたいの?」(あれそれと答えを返すもその後に続く、子どもからのなんで攻め)

答え3.「そうなんだ!でも僕のお母さんの方がこわいよ?」(そのお母さんの前で笑顔が凍りつく私)

子どもたちは手強かったですね…^^;

こういう時にわかりやすい本があると助かります。

できれば子どもも大人も楽しめる、写真が多くて難しい言葉が少ない本が…と、本屋さんで見つけたのが、「世界でいちばん素敵な宇宙の教科書」です。

私がおすすめする4つの理由

読みやすい

同じ文字の大きさで端から端までびっしりと文字で書かれていると、本を読む前に「うっ、読みたくない…」と体が拒絶反応をしてしまいますよね。

文字の大きさや文字の量のバランスによって、その本の読みやすさが変わってきます。

こちらの本は文章のバランスに工夫がされているので、スラスラ読むことができます。

いかに星や宇宙に興味をもってもらうか、読者に飽きさせずにワクワクしながら読んでもらうかが配慮されていると感じます。

きれいな写真が多い

掲載されている写真は日本星景写真協会とNASAで撮られたものです。

日本星景写真協会は一般的な星空ではなく、星空と地上の風景を一枚に収めた写真:星景を広める活動をされいます。

星空と地上の風景が対比となって、幻想的な写真が多く掲載されています。

また、NASA(アメリカ宇宙航空局)はアメリカにある宇宙開発に関わる機関です。

人類初の月面着陸の成功や国際宇宙ステーション開発など、常に宇宙の最先端をいく、言わば宇宙のスペシャルリストです。

そのため、地球にいるだけでは想像できないほどの色の富んだ宇宙の写真を撮られています。

これほど魅力的な写真を多く掲載されているのは、素晴らしいですね。

次のページ、また次のページとめくりたくなりました。

知りたい情報がすぐに見つけられる

星や宇宙についてQ &A形式で書かれており、知りたいと思うページを目次から探しやすくなっています。

例えば

・「彗星と流れ星」は同じもの?
・宇宙に行くのに、どうしてロケットを使うの?
・星は最後どうなるの?
著書「世界でいちばん素敵な宇宙の教科書」より

といった見出しで紹介されています。

なんでだろう?と思ったらすぐに調べて読むことができますね。

関連する内容も一緒にまとめられているので、一つ調べると他の知識もつけることができます。

読むのにちょうどいいボリューム

なにか一つに特化した本、例えば、”彗星”について書かれた200ページもある本を知り合いから渡されたとします。

読みますか?

読もうと棚に入れて気がついたら本の上にホコリが…なんて^^;

余程好きか、著者のファンか研究者でない限り、全ページは読まないと思います。

星や宇宙に興味をもつ人の最初の入り口の本として、「世界でいちばん素敵な宇宙の教科書」はちょうどいいボリュームとなっています。

持ち運びしやすい大きさなのもポイントですね。

まとめ

読みやすさ、きれいな写真の多さ、調べやすさ、ボリュームのちょうどよさでとてもいい本だと思います。

本の所々で描かれているイラストもかわいく、リラックスしながら読んだり、子どもと一緒に話しながら読んだりするのもいいですね。

星や宇宙について知りたくなったときに、こちらの本をまずおすすめしたいと思います。

My Profile

星好きハンドメイド作家。

ある日見た星の綺麗さに感動して、星を身近に置けないかとハンドメイドを始めました。
粘土とレジンを使った作品を制作しています。

このブログでは粘土によるハンドメイドの始め方や、自身の制作の様子などを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!