南星のこと・好きなこと

わたしの宝もの

こんばんは、南星です。

私の部屋には
15年以上飾ってある作品があります。

中学の時に作ったのですが、
思い入れがあるので、
お守りのように飾っています。

それはなにかというと…。

こちらです。

はい、”ダルマ”ですね。

もとは真っ白なダルマで
高校の合格祈願として
中学の美術の時間に
学生みんなで描いたものでした。

ピンク一色のかわいいダルマ
花柄のカラフルなダルマ
先生の似顔絵と題したダルマ(似ていました)

みんな思い思いに描いていました。

わたしはというと、
ダルマの背中に
和風な絵を描きたい!

ということで、
家にあった掛け軸を参考にしながら
描いていました。

外国人さんが日本のお土産として買うような掛け軸でしたね。

意気揚々と
ダルマに下絵をして
友人や家族に
これを描く!と宣言したのですが…。

友人からは
「そんな絵、描けるわけないじゃん」

家族からは
「授業時間に描けるの?他の絵にしたら?」

と返ってきた反応が
冷たかったのを覚えています。

というのも中学時代のわたしの
美術の成績は″2″でした。

それを知っていた友人と家族は
途中で投げ出すのではと思い、
止めてくれたのでしょう。

ですが負けず嫌いだった南星。
逆にやる気に火がつきました。

なにがなんでも最後まで
描くぞー!!と
ダルマの背中に絵を描きました。

今はその掛け軸がなくなってしまったので、
元の絵をお見せできませんが、
ダルマの背中に描いた絵がこちら。

はい、今にして
なぜこの絵を選んだのか
と思います…。

もっと桜などの和風な絵があったはずなのに…!
寺と鹿が和風っぽいで選んだんでしょうね。

なにはともあれ、
完成したダルマを友人と家族に見せたら、

「すごい!」と褒めてくれました。

「あなたにはできない」
と言われていた分、
これは嬉しかったですね。

「やればできる!」

わたしの成功体験の一つになりました。

以来、部屋に飾っておき、
試験の日や大事な仕事がある日には
いい結果になりますようにと
お祈りするようにしています。

おばあちゃんになっても、
年月で絵の色が薄れてきても、
このダルマは手元に残しておきたいですね。

わたしにとっての宝ものとなっています。

ちなみに
希望の高校には無事合格しました。
内申点が少し足らず、
不安でしたが滑り込みで入れたようです。

ギリギリで入学できたのは
ダルマのご縁もあったのかなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

My Profile

星好きハンドメイド作家。

ある日見た星の綺麗さに感動して、星を身近に置けないかとハンドメイドを始めました。
粘土とレジンを使った作品を制作しています。

このブログでは粘土によるハンドメイドの始め方や、自身の制作の様子などを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!