メイキング

体毛を作る

こんばんは、南星です。

前回はひつじの胴体に頭と足をつけていました。

ひつじの胴体を組み合わせるこんばんは、南星です。 前回はひつじの頭部を作成していました。 https://minamiboshiblog.com/report...

今回は6回目の報告になります。

実はわたし、長年スマホを持っていながら
カメラの”タイムラプス”機能を使ったことがありませんでした。

作業中に動画を撮るのは大変そうでした。

でも粘土で表現をするときに
動画を撮っておけば、
後から作業の様子を振り返ることができますし、
改善点も見つけやすそうですよね。

ということで今回、
タイムラプスで作業の様子を動画にしてみました。

今週はひつじの体毛を作っていたので、
その作業様子の一部を動画でご紹介します。

動画を撮った感想はというと…。

・カメラを固定できればすぐに撮れる
・動画編集で流す早さを変えられる(iphoneならiMovieで可能)
・撮影中は他のことをしなくなり作業に集中できる
・作業の様子を客観的に見える
・カメラの固定位置は重要。場所によっては作業の邪魔にもなる

撮り始めから撮り終わるまでずっと慌てていました。
その気持ちが動画に出ています汗

集中しすぎて髪の毛が動画に入り撮り直したことも。
しかし何回も撮り直しはできないので余計に慌てるという…。
動画の撮り方を学ばないといけませんね。

さて、話は戻してひつじの体毛ができました!

ちなみに最初に体毛を作った時はこんな感じでした。

ひつじの毛はモフモフしているから
粘土を少し厚めにしてざっくり線を引こう!
としたら、なんだかドリアンのようなものができてしまいました。
写真の上下を変えてみればハリネズミの毛みたいです。

困ったので動物写真を参考に見ることにしました。

すると、粘土に線をくっきり引きすぎていることに気づきました。
ひつじの毛は細く、量も多いので、
くっきりした線は不自然なのでは?
ということで線の強弱をつけ、
線の数を増やしたものが動画です。

1本1本、線を引くのに苦労しましたが、
それらしくはなりました。

次回は角とひづめをつけます。

次回の様子はこちら。

蹄と角を作るこんばんは、南星です。 前回はひつじの体毛を作っていました。 https://minamiboshiblog.com/rep...

一覧へはこちら

My Profile

星好きハンドメイド作家。

ある日見た星の綺麗さに感動して、星を身近に置けないかとハンドメイドを始めました。
粘土とレジンを使った作品を制作しています。

このブログでは粘土によるハンドメイドの始め方や、自身の制作の様子などを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!