メイキング

土台を作る

こんばんは、南星です。

前回はひつじの蹄と角を作っていました。

蹄と角を作るこんばんは、南星です。 前回はひつじの体毛を作っていました。 https://minamiboshiblog.com/rep...

今回は8回目の報告になります。

ひつじの全体はおおよそできたので、
今回は土台となる部分を作っていきたいと思います。

それでは今週の途中経過です。

ひつじの土台となる「雲」を作っていました。
白い雲ですが最終的には別の色になる予定です。

複雑な形の雲なので
全体バランスを取るのが難しかったですね。

ひつじと同時進行で作っていたので、
作業様子には体毛がないときのひつじ写真も載せてあります。

ここまでの作業様子↓

材料準備

粘土とアルミホイル

全体の大きさ、形を決める

粘土の乾燥を早くするのにこの作り方をしましたが見た目が

粘土で全て覆う

ひつじの配置場所も決めます

雲に厚みを加えていく

少しずつ盛り付けていきます

ひつじと全体バランスを調整する

雲から飛び出しているイメージで

 

雲の高さ、形などを調整していきます

形を整える

数回に分けて粘土をつけていくためデコボコの状態

 

ヤスリで整えて

 

ブラシで粉を払っていきます

補修する

ブラシで払うと欠けた部分が見つかることも

 

薄く粘土を塗り補修

 

再度形を整えて完成

発泡スチロールは最後に木製の板に変わります

 

ようやくひつじ座作品の全体像が見えてきました

 

今週はここまででした。

ヤスリで磨くことはレジン製作でよくしているので、
すぐに終わるかと思いました。
が雲のくぼみ部分になかなかヤスリが届かず苦戦しました。

なぜ簡単な丸い雲にしなかったの…
と途中から後悔しましたが完成しました。

簡単な筋斗雲のようにすれば…

 

雲からひつじ(座)が駆け出そうとしている

そんなイメージで作っています。

本当は神殿の柱のようなものを2本、
後ろに立てる予定でしたが、失敗が続いています。

試作中の柱

次回の様子はこちら。

失敗の連続こんばんは、南星です。 前回はひつじの土台を作っていました。 https://minamiboshiblog.com/rep...

一覧へはこちら

My Profile

星好きハンドメイド作家。

ある日見た星の綺麗さに感動して、星を身近に置けないかとハンドメイドを始めました。
粘土とレジンを使った作品を制作しています。

このブログでは粘土によるハンドメイドの始め方や、自身の制作の様子などを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!