メイキング

柱の作成と着色開始

こんばんは、南星です。

前回は体と角と蹄の接着部分、さらに柱を作っていました。

失敗の連続こんばんは、南星です。 前回はひつじの土台を作っていました。 https://minamiboshiblog.com/rep...

今回は10回目の進捗報告になります。
前回はうまく柱を作れなかったのですが、 今回はどうなったか…。
そしてひつじの着色を始めたので合わせて書いていきます。

それでは今週の途中経過です。

柱が完成しました!
柱につる草が巻きついているイメージですね。
葉を1枚1枚作ったのがなかなか大変でした。

そしてもうひとつ。

ひつじの胴体の着色に挑戦しました。

“金色”になりました。

ひつじ座の神話をもとに着色しましたが、
なんだかご利益がありそうですね。

着色の様子は動画に撮ってみたので そちらもよければご覧ください。

ここまでの作業様子↓

柱の作成

①粘土でパーツを作る

葉の一枚一枚に線を引きました
等間隔に粘土が切れないように線を引きます

②組み合わせる

接着剤を使って貼っていきます

③形を整える


これを2本作成しました。
着色は次回です。

ひつじ(胴体)の着色

①着色しない部分にマスキングテープを貼る

色の変わる部分にあわせてしっかりテープで貼っていきます

②下地を塗る

色の発色がよくなります

 

③着色

【動画】

※BGMが鳴りますので音量にご注意ください。

足もベージュで着色しました

 

今回はここまででした。

前回で柱を作っていたときはなにかが違うなぁ…と感じながら、
そのなにかがわからず、作業が進みませんでした。

こういう時はやはり“ものをよく見る”ですね。

もちろん資料などから案を考えて作りますが、 実際に作ってみると案の時点では 気づかなかった部分が出てきます。

直接の解決にはならなくてもアイデアになることもあります。

と同じようなことをひつじの体毛を作る時も書いていました。 

体毛を作るこんばんは、南星です。 前回はひつじの胴体に頭と足をつけていました。 https://minamiboshiblog.com/rep...

やっぱり観察力は大事だなぁと感じます。

 

着色に使った道具は“エアブラシ”です。

広範囲にムラなく、手早く着色ができる道具なので気に入っています。

うまく使いこなせば色のグラデーションもできるそうなので、
腕を上げたいですね。

次回は制作をお休みして作品の感想をいただいたのでご紹介します。

次回の様子はこちら。

【作品感想】どうしてひつじは金色なのか?こんにちは、南星です。 前回は柱を作り、着色を始めていました。 https://minamiboshiblog.com/re...

一覧へはこちら

My Profile

星好きハンドメイド作家。

ある日見た星の綺麗さに感動して、星を身近に置けないかとハンドメイドを始めました。
粘土とレジンを使った作品を制作しています。

このブログでは粘土によるハンドメイドの始め方や、自身の制作の様子などを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!