メイキング

失敗の連続

こんばんは、南星です。

前回はひつじの土台を作っていました。

土台を作るこんばんは、南星です。 前回はひつじの蹄と角を作っていました。 https://minamiboshiblog.com/re...

今回は9回目の報告になります。

が、失敗続きでそれほど進みませんでした。

なにを失敗したかというと、
着色前に作っておかなければいけなかった“あの部分”ですね。

前回に着色にかかります!と言っておきながら、
うっかり忘れていました…。

それでは今週の途中経過です。

前回となにが違うかというと

蹄と角をつける部分を作りました。

蹄について

蹄はドリルで穴を開けるだけと思っていましたが
足の部分にヒビが入ってしまい、
急遽、補修するというトラブルが。

真ん中に穴を開けないと割れてしまいます

角について

角というよりは頭の作成時点での失敗ですね。

角の大きさと形を考えて頭は作ってはいましたが
少し甘かったようです。

角を頭につけようとしましたが隙間が空いて、
取り付けられませんでした。

そこで頭と角をつなぐ部分を埋めることにしました。

最初は粘土で埋めようと考えました。

しかしここでも失敗が。

頭と体に使っている粘土は種類が違い、
頭はオーブンで焼かないと固まらない粘土(写真で灰色)できています。

角をつける部分には
頭と同じ粘土を使わないと付きませんでした。

試しに体と同じ粘土を頭に乗せてみました。が、すぐに取れてしまいました。

逆に頭と同じ粘土を使い、
隙間を埋めてからオーブンで焼けば、
埋めたところは固まるでしょうが、
体の方がオーブンの熱に耐えられるか心配でした。

いろいろ考えた末、
頭と角をつけるのに“パテ”を使うことにしました。
建物の隙間やガラスの枠どめに使うものですね。

角を取り付ける部分。時間をおけば触ってもはがれない。

最終的には組み合わせることができました。

あとは着色ですね。

柱について

そして前回、宮殿のような柱を作ると書いていましたが、
これも失敗となりました。

うまく自分のイメージどおりにならないので、
まだ完成できていません。

同じ厚み、同じ幅で切るのが大変でした。
 この後、粘土(長方形)の幅の違いでうまく巻けず。
装飾をつけようとするも決まらずに終わりました。

螺旋状の柱を作りたかったのですが、
いざ作ってみると納得できないものに。

同じ幅の長方形に粘土を切れなかったり、
触れているうちに粘土の形が崩れたりと
難航していました。

昔の時代に宮殿を作った人たちはすごいなぁと思ってみたり。

時間をかけて割には失敗の多い週となりましたが、
次の作品の成功につながればと思います。

次回は柱を完成させて着色に移ります。

次回の様子はこちら。

柱の作成と着色開始こんばんは、南星です。 前回は体と角と蹄の接着部分、さらに柱を作っていました。 https://minamiboshibl...

一覧へはこちら

My Profile

星好きハンドメイド作家。

ある日見た星の綺麗さに感動して、星を身近に置けないかとハンドメイドを始めました。
粘土とレジンを使った作品を制作しています。

このブログでは粘土によるハンドメイドの始め方や、自身の制作の様子などを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!